新着情報

シェルジュの日記~ 2011年の大晦日を迎えて


いろいろなことが起こりすぎた2011年。

さまざまな思いを胸に当ホテルへお越しいただいた皆さまと

共有させていただいた、かけがえのない時間。

それらは決して楽しいだけでなく、時には辛く悲しい時間であったかもしれません。

何かのご縁により、皆さまと共有させていただく時間は

時には一瞬であるかもしれませんが

そのかけがえのない一瞬を、これからも大切にさせていただきたいと願っております。

2012年、皆さまに当ホテルへお帰りいただける日はいつになるのでしょうか。

その日をずっとずっとお待ち申し上げております。

シェルジュの日記

とちぎ物語~ 元気あっぷむら

高根沢町にある 元気あっぷむら は

天然温泉や農産物直売所・地元食材こだわりのレストラン・宿泊施設など

食と健康の複合施設です。

木の温もりあふれる館内は歩いているだけでも癒され、

散策路では森林浴もご堪能いただけます。

地元の大豆にこだわったお豆腐屋さんでは

手作り豆腐等を購入でき、豆腐作り体験もお楽しみいただけます。

とちぎ物語

とちぎ物語~ 山菅の蛇橋 (やますげのじゃばし)

日光の玄関口である大谷川に架かる朱色の橋、神橋。

はね橋形式としては日本唯一の古橋で

日本三大奇橋 ( 錦帯橋・猿橋 ) の一つです。

山菅の蛇橋とも呼ばれる神橋に古くから伝わる伝説があります。

【奈良時代、男体山登頂を試みようと勝道上人一行。

日光へ到着すると大谷川の激流が目に入りました。

「どうか無事に川を渡れますように」

そう一心に祈ると、川岸に神人が現れました。

神人が二匹の蛇を放つと、蛇はたちまち絡み合って橋を形成。

蛇の背に山菅が生え始めたため

勝道上人一行は無事に橋を渡ることができました。】

勝道上人は日光の開祖ですから、

もしこの二匹の蛇がいなかったら日光は未開地となっていたかもしれませんね。

とちぎ物語

シェルジュの日記~ アーバングレイスの青い光


アーバングレイスが今夜、幻想的な青い光に包まれました。

昨夜から点灯したクリスマスのイルミネーション。

平和・誠実・知性・気品を表し、人の心を落ち着かせる青。 

私も大好きな色です。

青い空、青い海、青い地球、そして生まれたばかりの星の光も青。

青はきっと、生命の原点となる色なのかもしれませんね。

いろいろなことが起こりすぎた2011年。

皆さまのさまざまな思いを込めて

この青い光が、どうか天まで届きますように・・・

シェルジュの日記

とちぎ物語~ 37キロの黄色い街道 〈日光杉並木〉


総延長約37㎞で約12500本の杉が並び立つ日光杉並木。

世界一の杉並木として、ギネスブックにも登録されています。

空に向かって真っすぐそびえ立つ杉並木は凛としていて

見る人全てを爽快な気持ちにさせてくれます。

でも唯一目を覆いたくなってしまう季節は、春のスギ花粉の季節です。

花粉症の方々にとっては、辛い37キロの黄色い街道になってしまいそうですね。

とちぎ物語

【 ホテルアーバングレイス宇都宮 年末年始 休館日のお知らせ 】

ホテルアーバングレイス宇都宮では、メンテナンスのため

下記期間を休館とさせていただきます。

  休館日 : 2012年1月2日(月)、3日(火)

[2012年1月2日チェックアウト11:00~4日チェックイン14:00まで休館]

アーバングレイスからのお知らせ

ページの先頭へ戻る