新着情報

〈 宇都宮二荒山神社で本日、大祓式・茅の輪くぐり が開催されます。〉

宇都宮二荒山神社で本日、大祓式・茅の輪くぐり が開催されます。

人々の罪と穢れをお祓いして清める [ 大祓式 ] 。

その起源は大宝律令 ( 701 ) の頃と伝えられています。

白茅で編んだ直径2mの輪をくぐる [ 茅の輪くぐり ] は、

病気や災難から逃れられると伝わる神事です。

皆さまも是非、宇都宮二荒山神社の伝統行事へお出かけくださいね。

観光情報

宇都宮物語~ 電線のない石畳通り

宇都宮城と宇都宮二荒山神社を結ぶ一本道は

釜川にかかる御橋があることから、みはし通りと呼ばれています。

平成17年に街路が整備され

電線が地中に埋められて、歩道は石畳になりました。

将軍の宿泊施設として利用されていたために

天守閣をもたない宇都宮城 (←シェルジュの日記)。

歌舞伎の題材に取り上げられている 宇都宮城釣天井事件

今でも謎に包まれています。

うつのみや物語

〈7月1日 思川の流しびな が開催されます。〉

栃木県を流れる思川(おもいがわ)で毎年7月第1日曜日、

思川の流しびな が開催されます。

紙人形に願いを託して思川にそっと流す、夏の風物詩です。

皆さまは今、どのような願いを託しますか。

今年も、皆さまの願いが叶いますように・・・・・

観光情報

シェルジュの日記~ 緑と黒のストライプ


店頭に並べられたスイカを目にすると、夏の到来を感じてしまいますよね。

スイカの種を飲み込むと、体から芽が出るという噂・・・

皆さまは信じていらっしゃいましたか。

私は本気で信じていた時期があって

誤って種を飲み込んでしまった際は、心配で心配で

なかなか寝付けなかったこともありました。

最近は新たに耳にしたのは

スイカの黒い部分の下に、種が並んでいるという噂・・・

とっても気になるので、今年の夏に是非試してみたいです。

シェルジュの日記

シェルジュの日記~ 206種の純粋な心


アーバングレイス宇都宮には206のお部屋があります。

そこへお帰りいただく206名の大切なお客様。 

楽 ・ 疲 ・ 嬉 ・ 辛 ・ 眠 ・ 悲 ・ 幸 ・・・

206名の背中から、うっすらと浮かび上がる206種類もの漢字。

皆さまがさまざまな思いでお帰りいただく場所こそ、アーバングレイス宇都宮です。

たとえ皆さまのお帰りが

週に一度、月に一度、一年に一度、もしくはそれ以上であっても

私達はいつも、皆さまのお帰りをお待ちしております。

アーバングレイス宇都宮が、皆さまの第二の我が家となりますように・・・

第二の我が家があるということは、いつでも帰る場所があるということ。

たとえ離れていても、常に味方がいるような温かく見守られているような

何とも言えない安心感を、ずっと心に抱いていただけたら幸いです。

皆さまの次回のお帰りはいつになるのでしょうか。

その日をずっとずっとお待ちしております。

シェルジュの日記

シェルジュの日記~ 小さな幸運が重なった日


車を運転中、ふと走行距離メーターに目を向けると

もう少しで同じ数字が4ケタ揃いそうなことに気が付きました。

数分後に訪れるその瞬間が、とってもとっても待ち遠しくて

運転中チラッと数字を確認しつつ、心の中でカウントダウンをしました。

そして、いよいよその瞬間。

ほんの一瞬の出来事でしたが、久しぶりにワクワクしてしまいました。

その後立ち寄ったお店で会計を済ませた時・・・

レシートに記された合計金額が、私の好きな数字になっていたことに気付いて

またまた嬉しくなってしまいました。

今日は小さな幸運が重なった、とっても幸せな一日でした。

シェルジュの日記

〈 オリオンスクエアで、ミヤ・サンセットジャズが開催されます。〉

ジャズの街 宇都宮。

本日午後4時からオリオンスクエアで、ミヤ・サンセットジャズが開催されます。

蒸し暑い梅雨時期でも、肌に触れる風が心地良いサンセットという時間帯に、

屋外で奏でられるジャズを鑑賞するのも、とっても素敵ですね。

皆さまにも是非、お出かけいただきたいです。

観光情報

〈 ホタルの里 梵天の湯で、ホタル観察会が開催されます。〉

明日から7月1日まで、ホタルの里 梵天の湯にて、ホタル観察会が開催されます。

セミと同様、短命な生き物として有名なホタルは、

「 儚さゆえに美しい 」 という、日本特有の感性を象徴しているような気がします。

西日本は2秒・・・東日本は4秒・・・

ゲンジホタルの光点滅の速さが、地域によって異なるそうです。

不思議ですね。

皆さまも是非、夏の夜を彩るホタルの観賞へお出かけくださいね。

その際、光が点滅する速さも気にかけていただけたら・・・幸いです。

観光情報

シェルジュの日記~ (続)自然エネルギーの有効活用


それでは皆さまとお約束していた通り、お話の続きをしましょうか。

そのエネルギーとは、雷エネルギーです。

稲妻のピカッ、そして雷鳴のゴロゴロ・・・

日本語では両者を合わせて雷と呼んでいますが

英語ではthunder and lightning ( 雷鳴と稲妻 )と表現し

それぞれ英単語が存在しています。

エネルギーとして有効活用できそうなのは・・・稲妻だけでしょうか。

日本でも有数の雷都市、宇都宮。

宇都宮へ引っ越してきて、初めて本場の雷に遭遇し

あまりの迫力に圧倒されてしまった、あの夏。

今年も間もなく、その季節が訪れます。

シェルジュの日記

シェルジュの日記~ 自然エネルギーの有効活用


台風一過の宇都宮は爽やかな青空が広がっていますが

皆さまの地域ではいかがですか。

早起きが大好きな私は、台風一過の朝は特に早く目覚めます。

カーテンを開ける瞬間が、とっても待ち遠しいからです。

キラキラ眩しい太陽、真っ青な空、真っ白い雲が目の前に広がり

窓を開けると、爽やかな澄んだ空気が肌に心地良く感じられます。

この瞬間に味わえる最高の贅沢な爽快感は

辺り一帯の空気を一掃してくれた台風という自然の力のおかげです。

台風に遭遇するたび、あの大きな大きなエネルギーを

もっと有効活用できる方法がないかと考えてしまいませんか。

そしてもう一つ、あのエネルギーも・・・

まだまだ皆さまにお話したいのですが、長くなってしまいましたので

続きは次回にお話しましょうね。

シェルジュの日記

ページの先頭へ戻る