新着情報

とちぎ物語~ 大前神社〈真岡市〉


京都で切られた平将門の首は、3日目に夜空に舞いあがり、

やがて故郷へ向かって飛んでいき、複数の場所に散らばって・・・

この伝承から、平将門の首塚が都心にも残されています。

戦いや故郷に馳せる思いが強い武将であった平将門が

戦勝祈願に訪れたと伝えられている真岡市の大前神社。

健康・安全・縁結び・厄除けのご利益のある神社の境内には

平成元年、日本一大きなえびす様の像が建立されました。

とちぎ物語

【栃木 観光】 第14回鬼怒川温泉鬼祭り


江戸時代に発見された当初は

日光山の僧侶や日光参詣の大名のみが利用を許されていた鬼怒川温泉。

戦後は温泉と食事を楽しむ滞在型温泉として発展をとげました。

鬼が怒る川、鬼怒川。 そして節分の鬼・・・

今週末、鬼怒川温泉郷で鬼にまつわるお祭りが開催されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 2/1(土)・2(日) 10:00~

【場所】 鬼怒川温泉駅前広場 

【お問い合わせ】 日光観光協会 0288-25-3347

観光情報

【宇都宮 観光】 宇都宮二荒山神社 花市


まめまめしく働けることを願って、和紙太鼓に豆を糸で繋いだ「でんでん太鼓」。

田川で釣って食したところ大病が治ったという伝説が残る「黄ぶな」。

江戸時代から伝承されるこれらの宇都宮の郷土玩具、そして

ダルマなどの数々の縁起物が数多く販売される花市が

宇都宮二荒山神社で毎年開催されています。

神社の参道には多数の露店が軒を連ね、毎年多くの人々で賑わいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 2/1(土) 

【場所】 宇都宮二荒山神社 028-622-5271

観光情報

シェルジュの日記~ (続)願いを叶えた硬貨


それでは皆さまとお約束していた通り、お話の続きをしましょうか。

実はその時、私が確信していたことがありました。

それは、私の持ち物からは10円玉が見つかる可能性がかなり低かったことです。

なぜなら私は、お財布以外にお金を入れる習慣がないからです。

そこで残す頼みの綱は、いつもあちらこちらに何でも詰め込んでいる友人。

メモ紙、レシート、カギ、ティッシュ、消しゴム、クリップ、ハンドクリームなど

彼女のポケットからは私の想像を絶するほど、次々といろいろな小物が出てきました。

そして2人が待ち望んでいた10円玉が・・・2枚も出てきました。

10円の有り難みを感じたのは、この時が最初で最後であったかもしれません。

2人の願いが叶った瞬間でした。

普段ポケットやカバンに、ごちゃ混ぜに詰め込んでいる友人に

ずっとずっと違和感を抱いていた私でしたが

この時ばかりは、彼女を尊敬の眼差しで見つめてしまいました。

「こういう時のために、いつも備えているのよ。」

鼻をこすりながら得意気にそう言葉を放った彼女の誇らしげな表情が

今でもしっかりと目に焼き付いています。

シェルジュの日記

シェルジュの日記~ 願いを叶えた硬貨


中学校からの帰り道、友人といつもの文房具店に立ち寄った時のお話です。

クラスで大人気の文房具が新発売されていたことに気付き、

2人で目をキラキラと輝かせて早速手に取ってみました。

新商品だからでしょうか。

通常のものより10円値上げされていましたが

躊躇することなく、友人とお揃いで一つずつ購入することに決めました。

お財布の中から2人の小銭を出し合ってみると

2人分の購入金額に10円だけ不足していることに気が付きました。

たった10円足りないために

今回の購入を見送ることが、あまりにも悔しかったので

あと1枚の10円玉を、制服のポケットや学生カバンから

探してみることにしましたが・・・

まだまだ皆さまにお話したいのですが、長くなってしまいそうですので

続きは次回にお話しましょうね。

シェルジュの日記

【栃木 観光】 第69回冬季国体 〈日光市〉


国民へのスポーツ普及とスポーツ精神の高揚を目的とした国民体育大会。

第69回目である冬季国会が日光市で開催されることになりました。

日光の「ひかり」と国際都市としての「ひかり」をテーマとした

今回の国体のスローガンは、ひかりの郷 日光国体

氷上で織りなす闘士あふれる競技と、銀盤上で通い合う心と心の交流を

この貴重な機会に目に焼き付けたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【開催期間】 1/28~2/2

【お問い合わせ】 日光国体事務局  0288-25-7781

観光情報

【宇都宮 観光】 宇都宮二荒山神社 太々神楽


宇都宮二荒山神社では毎年1・5・9月の28日に太々神楽が奉納されます。

宇都宮発祥の由緒ある神社に伝わる太々神楽は

18種の舞と40種の舞面を持つ市内最大規模の神楽で

宇都宮市無形文化財に指定されています。

江戸時代から継承されている上演奉納神楽の鑑賞へ

皆さまもお出かけになりませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 1/28(火) 10:00~15:00

【場所】 宇都宮二荒山神社 028-622-5271

観光情報

とちぎ物語~ 奥日光戦場ヶ原


神話の世界で・・・

戦場であったことから名付けられた、戦場ヶ原。

日光国立公園内の標高1400mの高原地帯に広がる

400ヘクタールの広大な湿原は、かつては湖でした。

男体山の噴火による堆積物で湿原化した戦場ヶ原は

四季折々のさまざまな表情を私たちに見せてくれます。

高山植物と野鳥の宝庫である大湿原が最も静まり返る季節は冬。

まさに今、見渡す限り幻想的な銀世界が広がっています。

とちぎ物語

【宇都宮 観光】 日本近代洋画への道企画展〈栃木県立美術館〉


下野国佐野藩の武士の家に生まれた画家、高橋由一。

幼い頃に西洋版画に感銘を受けた彼は洋画に魅了され

困難な状況下、西洋絵画の技法を手探りで学び始めました。

日本近代洋画の父と呼ばれるに至るまで

世の中に洋画を広めることに生涯を捧げた彼の作品展が

栃木県立美術館で開催中です。

幕末から明治にかけた激動の日本で

複雑な状況下、自らの信念を貫き通した彼の強い思いが

数々の作品を通して私たちに伝わってくるかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【開催期間】 ~3/23(日)

【場所】 栃木県立美術館 028-621-3566

観光情報

【栃木 観光】 第55回栃木県郡市町対抗駅伝大会


中学生から高校生、そして一般人へ

とちぎ路を一本のタスキでつなぐ駅伝が開催されます。

栃木県庁昭和館で開会式が開かれ10時にスタートし

壬生町や栃木市を廻って再び県庁へ戻るコースです。

スタート時やゴール時には

県庁付近が一時的に混雑することが見込まれますので

大会当日はお時間に余裕を持っておでかけくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 1/26(日) 10:00スタート

【お問い合わせ】 下野新聞社 

観光情報

ページの先頭へ戻る