新着情報

とちぎ物語~ 栗石返し


世界遺産、日光二社一寺の境内で年に一回

江戸時代から370年以上続く伝統行事、栗石返しが行われています。

境内に敷き詰められた468万個の直径約10㎝の丸い栗石。

その栗石を一つずつ丁寧に手作業でひっくり返して

一年間積った木の葉や泥を取り除いていきます。

美観を保つだけでなく、建造物を湿気から守る役目も果たす栗石返し。

370年間決して変わることのない栗石の音が先日、境内に響き渡りました。

とちぎ物語

ページの先頭へ戻る