新着情報

シェルジュの日記~ (続)かけがえのない非売品


それでは、皆さまとお約束させていただいた通り、お話の続きをいたしましょうね。

先日、お部屋の掃除をしていたら、懐かしいポケットサイズの時刻表を見つけました。

手に取って開いてみたら、ヒラヒラと床に落ちた一枚の紙。

それは、日付印が押されている使用済の乗車券でした。

床から拾い上げた瞬間、当時の記憶が蘇ってきて・・・

あれから何年もの月日が流れたのでしょう。

あの時は本当に悩んでいましたよね。

当時の私から、少しは成長できたのでしょうか。

さまざまな思いが次第に込み上がり

気がつくと、この乗車券を強く握りしめていました。

あの頃の私を救ってくれた、かけがえのない旅路。

使い古した小さな時刻表と、あの時の日付がしっかりと押されている乗車券を

しばらくの間、目に付く場所に置いておきたいと思います。

シェルジュの日記

ページの先頭へ戻る