新着情報

シェルジュの日記~ 18年後のカフェ指定席


あるカフェに、一人で足を踏み入れる決心をしました。

どうしても座りたかった、あの席に視線を向けたら、幸いにも空いていたので

ホッと胸を撫で下ろして、私の心の中の指定席へとゆっくりと足を進めました。

大好きな珈琲の香りに包み込まれて、心穏やかに過ごす至福のひと時。

自分自身が思い描いていた通りにストーリーが展開し、幸せな余韻に浸っていたら

店長さんらしき男性に話しかけられました。

「近くにお住まいですか。」 「はい、車で15分くらいです。」

「初めていらっしゃったのですか。」 「はい・・・」

無意識にそう答えてしまいましたが、実は初めてではなくて・・・

このまま皆さまにお話をさせていただきたいのですが

長くなってしまいましたので、続きは次回にいたしましょうか。

シェルジュの日記

ページの先頭へ戻る